FCMサービス

全国どこでも内線化で社内でも外出先でも端末1つで発着信
FMCとは
FMCとは「fixed mobile convergence」の略で従来は別のものだった携帯通信と固定電話を1つに融合することです。一本化された通信は社内の中でも外でもおなじように内線で相手を呼ぶことができます。
FMC内線化メリット
◎社内外問わず内線番号で発着可能
◎登録した端末&固定回線相互で定額料金使い放題
◎携帯端末の機種を問わない ※サービスによっては専用端末以外使用できない場合があります。
◎BSの代わりにキャリア基地局を使うことで設備投資を抑えた提案が可能
FMCメリット
どこにいても内線番号だけでつながる

相手が外出中でも、日本全国の端末エリアなら内線番号だけでつながります。外出先や離席を気にすることなく、いつでも直接連絡できるので迅速な社内コミュニケーションが可能になります。



着信履歴でかけ直し簡単

電話に出られなかった場合でも、着信履歴に相手の内線番号が表示されるので、かけてきた相手に確実に折り返しできます。



直接呼び出せるので取次が不要

社外から自社に電話をかける際個別ダイヤルイン番号をもっていなくても内線番号で呼び出せるので、取り次いでもらう必要がありません。

外出先同士でも内線でかけられる

オフィス⇄端末間だけでなく、外出先の端末同士でも内線通話となるので、お互いに内線番号だけでかけることができます。

FMCデメリット

◎PBXの内線として収容できないので外線発着信、保留転送ができない ◎サービスに対応したPBXの入れ替えが必要 ◎別途利用料金が発生するので携帯台数の多い企業向け ◎コスト削減効果が期待できない

このようなお客様におススメです。
フロアの広いお客様
・相手の状況が見えない
・スタッフの社内移動が多い
・電話の取り次ぎに時間を要する
営業マンが多いお客様
・営業宛の連絡が多い
・携帯電話又はPHSの頻度が高い
・営業宛の電話の取り次ぎも多い
構内PHSを利用中のお客様
・ピッチと携帯電話を2台携帯
・事業所コードレスへのニーズが高い
携帯電話又はPHSを支給しているお客様
・携帯電話又はPHSに対する意識が高い
・携帯電話又はPHSへの通信費が嵩んでいる
・携帯電話又はPHSを支給する抵抗がない

広島県・中国地区(岡山・山口・島根・鳥取)のビジネスフォン電話工事はアイテレコムサービスへ

アイテレコムサービスは、広島県を中心に中国地方全域でビジネスのサポートをさせていただいております。
安定した通信環境の構築のため、お客様のニーズに合わせたシステムソリューションを提案致します。

お問い合せについて

▲ページの先頭へ